クリスタルボウル【漫画で解説】

2019-09-06クリスタルボウル【漫画で解説】

クリスタルボウルの音階

クリスタルボウルの音階

クリスタルボウル には、ド レ ミ ファ ソ ラ シ音階があります。
しかし、ピアノやエレクトーンとは異なり、一つのクリスタルボウル で出せる音階は一つだけと限られています。
そのため、演奏を行う際は、クリスタルボウルを7個以上揃えます。

クリスタルボウル の高低音と響く長さ

クリスタルボウル 、特に第1世代のフロステッドタイプのクリスタルボウル のサイズの大きさはバラエティに富んでいます。
サイズは直径十数センチメートルから七十センチメートルまで様々あります。

クリスタルボウル の大きさ厚さによって、同じ“ド”の音でも変化が生じます。
例えば、大きなクリスタルボウル は、お寺の鐘のように「ゴーン」と太くて重厚な音が響きわたります。

一方、小さなクリスタルボウル は、「こーん」という高い音が鳴ります。

また、クリスタルボウル は、大きさフチの厚み異なれば、音の伸び持続も変わってきます

クリスタルボウル 演奏の面白さ

クリスタルボウル の奏者が揃えるクリスタルボウル の大きさ(サイズ)の組み合わせによって、音の音色や響きは異なります。

クリスタルボウルの演奏は、即興曲なのでその場の雰囲気やテーマ、奏者の個性によって、演奏方法も変わってくるので、とても面白いのです。

クリスタルボウル 演奏&ヒーリングサロン“癒楽氣”では、16インチの大きなクリスタルボウル から10インチや8インチの小さなクリスタルボウル を交ぜて演奏します。

低い音と高い音が織り混ぜ、キレイなハーモニーとなるように演奏していきます。

最近はクリスタルボウル のCDもたくさん出回るようになりました。
しかし、クリスタルボウル の演奏は、その場その時によって演奏や音色も異なりますので、生の演奏を聴くのがおススメです!